若気の至り

高校生の時にただ単純にお金欲しさから、ブルセラ通販などで、使用済み下着を売っていたことがあります。
私たち女子から見たらただの汚い下着ですが、一部の男の人にとっては価値があり、用途があるんでしょうね。
使用済み下着なんて洗うものとしか認識がないので、それを使って何かをしようという男性の性癖には驚きます。
ブルセラ通販以外でもおじさんに使用済み下着というか履いている下着を脱いで売ったこともあります。
今考えると本当に危険な事をしていたなと思います。
こんな事やっていたくらいなので、当然頭も悪く、高校を卒業するのがやっとで、大学などの進学は最初から諦めていました。
高校を卒業してすぐに友達と東京で暮らし始めました。
最初は2人ともまじめにアルバイトしていたのですが、給料が少なく生活が窮屈になっていたので、思い切って2人でキャバクラで働くことに決めました。
あのころは体験入店するだけで、かなりの金額を貰えたので、味を占めて、体入荒らしでごはんを食べていた時もありました。
ただ、徐々にお客さんがいないので、ちゃんと1つの場所で仕事をしないといけなくなりました。
最初は、めんどくさくて適当にやっていたのですが、少し頑張ってみると給料が簡単に上がり、高収入を手にすることができました。
楽しくて夢中になり、毎日のように友達と働いていました。
貯金もある程度できたので、満足して私は店をやめて昼の事務職につくことに決め、仕事をやめました。
友達は辞めずに働くとのことでした。
昼の仕事の給料は安く、仕事はつらいし何度も店に戻りたくなりましたが、友達が一生懸命止めてくれました。
なので頑張ることもでき、そこの会社で知り合った人と付き合いはじめ、結婚することができました。
結婚と同時に会社も辞め、今は子供ができたので、専業主婦をしています。
たまに昔のことを思い出すと懐かしくなり、一緒に東京にでた友達に連絡したりしています。
その子も今は結婚前提に付き合っている人がいるそうです。
2人とも幸せになれて良かったです。