美容の悩みは通販で解消 美容の悩みは通販で解消

利尿剤ラシックスは体内の余分な水分を排泄する効果があります。副作用、飲み方、通販で購入する方法も解説します。

ラシックスの効果、副作用

ラシックスの効果、副作用

ラシックスとは心不全や肝硬変腎疾患によって起こるむくみの治療に処方されているループ利尿剤です。主成分はフロセミドでフランスのパリを拠点とするサノフィ社が製造販売しています。主成分のフロセミドは1962年に発見され、日本で発売になったのは1965年です。ラシックスは錠タイプ以外にも、細粒や注射などもあり、同じ主成分を使用したオイテンシンカプセルもあります。(すべてサノフィ社)

ラシックスの効果

体に余分な水分が溜まったりすると体がむくみます。ラシックスを服用することで余分な水分を排泄させてくれる効果があるのです。腎臓に対して働きかけ、尿量を通常よりも増やし余分な水分を取り除くことでむくみが取れ血圧が下がるのです。利尿薬の中でも強力な作用を持っており、第一選択として処方されることが多いです。

ラシックスの効果である利尿作用は主成分フロセミドが尿細管がループ状の形をしているヘレンループ(腎臓の尿細管)という部分で塩分と水分の再吸収を防ぎ、尿の量を増やすことでおきます。血液内にある余分な水分が減少することで血管壁にあるナトリウムも減るので血圧を下げる効果があります。

ループ利尿剤

ラシックスの主成分であるフロセミドは、水にほとんど溶けない性質をもっています。したがって服用した時に速やかに体に吸収され血漿タンパクと結びやすく肝臓、腎臓以外の組織にはほとんど分配されません。即効性と強力性を兼ね備えており、服用後は1時間以内に効果が表れます。静脈注射をした場合は5分ほどで効果を得ることができます。強力な作用なため、チアジド系降圧利尿剤が有効ではなかったむくみなどでも効果を発揮することができますがカリウムの排泄も増加してしまうため低カリウム血症になりやすいため注意が必要です。

ラシックスはWHO必須医薬品モデルリストに含まれており、医薬品が困難な発展途上国などで最小限必要な医薬品300品目の中の一つとしても定められています。その他に利尿効果によって他の薬物も排泄してしまう可能性が高いため、世界アンチドーピング機関において禁止薬物として定められています。

ラシックスの副作用

ラシックスの副作用ですが、やはり強力な利尿効果があるため脱水状態や血圧急降下のためめまいや脱力感をおこすことがあります。高齢者や他の降圧剤などとの使用は注意が必要です。血液にあるナトリウムやカリウムが減少してしまう電解質失調(低カリウム血症、低ナトリウム血症、体クロル性アルカローシス)になる場合もあります。肝臓障害、肝機能障害についても注意が必要です。

重症な副作用はほとんど見られませんが、尿酸値の上昇や、一時的に耳が聞こえずらくなることがあります。もし副作用が気になるようでしたら、早目に病院&を受診しましょう。その他 脱力感や、めまい、ふらつき、だるい、吐き気、頭痛、耳が聞こえにくいなどもあります。

ラシックスの飲み方

ラシックスの飲み方

ラシックス飲み方は症状や用途によって異なりますが、通常食後に服用するのが原則です。通常成人は40mgから80mgを1回、1日に1錠から2錠、水などで服用してください。強力な利尿作用の為就寝前に服用してしまうと、不眠となってしまう恐れがあるためなるべく午前中か昼間に服用したほうが良いと考えられます。

その他にも交通機関での移動前や、トイレに行くことができないであろう状況の前にはなるべく服用を避けましょう。使用中は利尿作用が急にあらわれることがあるので注意してください。利尿作用によって大量の水分が排出されますので、服用時は十分な水分と共に、それ以降も脱水症状を防ぐために水分を摂取してください。

ラシックスを通販で購入する

ラシックスを通販で購入

ラシックスは通常日本国内では処方箋薬として定められている為、病院などで医師に処方してもらわなければ購入する事はできません。ラシックスは一般的なむくみでは処方されることは少なく、ダイエット目的でも処方されることはまずありません。ラシックスは強力な作用を持っている為使用には注意が必要なのです。

しかし、ラシックスを通販で購入する事も出来ます。海外で販売されているものであれば日本国内から個人輸入として通常の通販と同じようにラシックスをスマホなどから買うことができるのです。多くの人がラシックスを通販で購入しており、家にいながら簡単に購入でき、さらに安価な値段で販売されていることから通販が人気となっています。海外からの発送となるので注文から手元に届くまで時間がかかってしまうので余裕を持って注文しましょう。ラシックスを通販で購入する場合すべて自己責任となるので、必ず使用方法を守り、服用量以上に摂取したりしないようにてください。

ゼニカル