美容の悩みは通販で解消 美容の悩みは通販で解消

ニキビは様々な原因で起こります。また、20歳をすぎてからのニキビは大人ニキビと言います。治し方、治療薬について解説します。

ニキビの原因、治し方

ニキビの原因

ニキビとは実は尋常性ざ瘡とよばれる炎症性皮膚疾患の一つなのです。さらに青少年のお顔にできる皮膚病をニキビと言いそれ以外は吹き出物ととらえられています。女性はよく大人ニキビだなんて話してますが、やはり分類上吹き出物にわけられてしまうということですね。

日本人の約90%以上が経験したことがある皮膚病ですので、ニキビはかなり一般的ともいえますが、やはり重度の人と軽症な人ではその差は大きくなっています。たかがニキビだろうと思って放置していると穴が開いたような跡になったり皮膚が化膿してしまったりなど治療が難しい状態になってしまう事もあります。

ニキビの種類

ニキビはお顔のおでこ部分、頬、アゴ、口の付近以外にも背中や胸などの皮脂が多い部分に生じます。大きく分けると、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビの3段階にわけられます。

白ニキビ

ニキビの中でも初期の状態で毛穴に皮脂が詰まっています。患部はまだ皮膜でおおわれており表面は閉じています。白から乳白色の色をしていることから白ニキビと呼ばれています。

黒ニキビ

白ニキビから皮脂が盛り上がり毛孔を押し広げ解放され皮脂が外に出てきます。患部を覆っていた皮膜が開き中のものが酸化して黒っぽく変色するため黒ニキビと呼ばれています。

赤ニキビ

黒ニキビを放置してしまい進行した状態です。毛穴に詰まっていた皮脂にアクネ菌や雑菌が繁殖してしまい炎症を生じます。中に詰まった皮脂を栄養としてアクネ菌は増殖し炎症へとつながってしまうのです。アクネ菌はだれにでもある菌で肌のバランスを保つためには必要不可欠なのですが、増殖してしまう事でバランスが乱れてしまいます。炎症性の皮疹である赤色丘疹や内部に膿が溜まり、膿疱へとなります。

ニキビの原因

ニキビの原因

ニキビの原因には様々あると考えられますが、発症にかかわり胃腸の障害や、肝機能障害、代謝障害、細菌感染、精神的要因、遺伝的要因、など考えられます。しかし実際のところ仮説であり、詳細は判明されていません。青少年にニキビが多く見られ、アクネ菌と男性ホルモンの関係によって炎症を起こすのではないかということが有力視されています。

ストレスをためてしまうと、自律神経のバランスが悪くなり、交感神経と副交感神経のバランスの乱れによって脳下垂体から服腎皮質ホルモンが多く分泌されるので男性ホルモンの分泌も高まってしまうためストレスでニキビが増加してしまいます。その他にも皮脂分泌が多いと脂性の肌になりやすため思春期ごろは皮脂分泌量が増えるので、思春期にニキビが出やすいとも考えられます。生理前になると黄体ホルモンが分泌されますが、皮脂分泌の作用があるため、ニキビができやすくなります。

大人ニキビ

大人ニキビとは20歳以上になってできた吹き出物のことを指します。一般的にニキビは青少年の時期にできたもののことを指すので、20歳以降になると大人ニキビと呼ばれるようです。大人ニキビは再発しやすいと考えられており、放置したままだと跡として残ってしまう可能性が高いです。若いときに比べ肌の代謝が段々衰えてくるので、治りにくくそして跡に残りやすくなってしまいうのです。

ニキビは若い人のシンボルと考える人もいますが、20代以上で悩んでいる人もたくさんいます。若いときであればすぐなっていたものが年を取ることによって、治りにくくそして最終的には色素沈着やクレーターとなりシミになる場合もあります。大人ニキビとなった場合放置せず早めに治療しましょう。

ニキビの治し方

ニキビの治し方

ニキビの治し方ですが、一般的に皮膚科に行くのが一番の方法となります。もちろん日々のケアなども大事ですが、皮膚科の場合医学的に治療することができるので悪化を防ぎより早く治すことができるのです。ホルモン治療や、ピーリング治療、局所注射、レーザー治療や点滴治療、イオン導入治療などもあります。しかしどれも費用が高額となってしまったり、手間がかるためあまり一般的とはいえません。その他にニキビの治し方で病院では外用薬と経口薬が処方されます。経口薬で最も効果的と考えられるのがアキュテインです。

ニキビに効く薬

ニキビに効く薬

ニキビに効く薬で代表的なのがアキュテインです。ニキビのイメージが強いアメリカなどで大活躍しており、ガイドラインでもっともニキビに効く薬として記されているのです。しかしアキュテインは日本では未だ未承認の為保険診療で治療することはできません。日本ではアキュテインは効果が高い反面副作用の心配が強いと考えられているからです。アキュテインほど重症ニキビを治せる薬はないのではないかと言えるくらい効果が高いので気になる人はリスクも含めてチェックしてみましょう。

ゼニカル