美容の悩みは通販で解消 美容の悩みは通販で解消

アキュテインはニキビに最も効果のある治療薬として有名です。副作用、ジェネリック、通販での購入方法をご説明します。

アキュテインの効果、副作用

アキュテインの効果、副作用

アキュテインとはスイスのバーゼルにあるエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が製薬販売しているニキビ治療薬です。難治性の重症ニキビでも治療することができると考えられており、2012年欧州ではガイドラインにおいて重度のニキビや中程度のニキビに勧告強度が高だと記されているのです。いわゆる重症なニキビに最も効果的という事になります。

アメリカでニキビ治療薬のシェアはアキュテインの有効成分イソトレチノインが65.2%と他の治療薬と大きく差を開いてトップシェア率を誇っているのです。しかし、日本では副作用などに対しての疑念から未だ未承認となっており、日本国内で一部の皮膚科で処方してもらうことができますが、すべて自己負担となってしまいます。アキュテインは効果が高い反面副作用も強いと考えられるので、ニキビ治療の最後の砦や、最終手段として考えるのがよさそうです。

アキュテインの効果

アキュテインの効果

主成分のイソトレチノインはアクネ菌を抗菌してくれる効果や、抗炎症効果などがあります。正確な詳細は判明されていないのですが、皮脂の分泌を減少させることで皮膚が入れ替わりするのを邪魔せずニキビの根源であるコメドと呼ばれるものを発生させないためだと考えられます。数か月経口投与することで、皮脂の量が内服前の10分の1にもなると考えられており継続して服用することでニキビを治療していきます。

皮脂の分泌を抑えることができれば、ニキビの原因がなくなってしまうのでニキビができにくい肌にもなるのです。アキュテインはニキビの他にも毛穴が小さくなったり、シミが薄くなる、でこぼこだった肌が滑らかになるなどお顔の肌に対してメリット面が沢山期待できるのです。

アキュテインの副作用

アキュテインの副作用

アキュテインは効果が非常に高く強力ですが、そのぶん副作用のデメリット要素も高くなっています。日本では副作用の観点の相違から未承認薬となっているのです。多い副作用として皮脂を抑える働きがあるので、粘膜などが乾燥しやすくなります。唇が乾燥していればリップクリーム、眼の乾燥などには目薬を使用すると良いでしょう。

その他に精神的な事が副作用として表れる場合もあります。倦怠感や、鬱、幻覚や、幻聴など。吐き気や、下痢、血便、胃腸の不快感、眩暈、頭痛、視力障害、耳鳴り、なども報告されています。いずれも軽症であれば問題ないですが、重度な場合はすぐさま受診してください。

妊娠中や、授乳中などに使用した場合重度な催奇性を引き起こす可能性があると考えられています。服用中妊娠したことで多くの女性が流産したり、早産、もしくは先天性奇形であることも判明しているのです。アメリカや、オーストラリアでは妊娠中にこれらをわかっていながら服用した場合は、法的な処分を下される可能性があります。

アキュテインの飲み方

アキュテインの飲み方ですが、15週間から20週間を1クールとして考えます。1クール内で70%以上症状が改善していれば、治療を終了します。1クールで改善できなければ次のクールへと移ります。次のクールとの期間ですが最低でも2か月は開ける必要があります。1日に2回に分け水かぬるま湯で服用してください。体重1キロに対して0.5mgから2mgの計算で飲みましょう。

アキュテインを通販で購入する

アキュテインを通販で購入することができます。日本では未だ未承認の為病院やクリニックで処方してもらう場合すべて自己負担となってしまいます。さらにごく一部の病院でしか扱いがないため中々手軽に購入する事はできません。

海外で一般的に販売されているものであれば個人で使用する場合に限り個人輸入することができます。通常の通販と同じようにスマホやインターネット電話などで注文することができます。アキュテインは効果が高い反面副作用も多くあげられていますので、使用する時は必ず用法、用量を守り、使用してください。

アキュテインのジェネリック

アキュテインのジェネリック

アキュテインには同じイソトレチノインを主成分としたジェネリックが多数開発されています。同じ主成分ですので効果や効能さらに副作用も同等となっていますが、元からある成分を元に開発されているのでかなり安価な値段で販売されています。アキュテインのジェネリックで代表的なのが「トレティヴァ」と「イソトロイン」です。どちらも1錠120円~200円程で販売されている為、通販での購入の場合ジェネリックの選択がお得となっています。

ゼニカル